デトックス・抗酸化

ホメオパシー版サプリメント・ティッシュソルト

ティッシュソルトとは、日本語では生命組織塩と呼ばれています。

Drウィルヘルム シュスラー(1821~1898)によって1875年に紹介されました。

ホメオパシーの父サミュエル ハーネマン(1755~1847)が作り出したレメディーのほかにも後世のホメオパスが様々なレメディーを発見し、研究してきました。

Drウィルヘルム シュスラーは医師ホメオパスです。彼は臨床研究の中から、病気になるのは体の細胞の必須ミネラルのバランスがくずれるからだと考えました。

人間の体は小さな細胞で出来ています。そして、この細胞の成分は97%が水や有機物(脂肪や糖分)であり、残りの3%がミネラルです。

たった3%ですが、このミネラルのバランスが崩れると、ケガの治りにくさ、栄養の吸収の問題、ストレス、疲労感、老廃物排出の問題、その他慢性や急性の様々な病気をひきおこします。

必須ミネラルは体の中で作り出せません。食べ物から吸収する必要があります。

シュスラー博士は臨床経験から物質をそのまま大量に食べただけではバランスを整えることはできないと発見したのです。病気というのは、体がミネラルを上手に吸収・排出出来ないという代謝の問題があるということに行き着いたわけです。そして、代謝の問題があるという情報が細胞内に到達するにはホメオパシー的に希釈されることが必要であることに気が付いたのです。

ティッシュソルト(生命組織塩)をとることでミネラルの情報が正しく体に伝わり、ミネラルが不足している、又は過剰にある、という事を判断して、食べた物からミネラルの吸収を高めたり排出させたりする方向に動き始めるのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。