美奈子の日記

祖母の事

昨年秋に亡くなった私の祖母
104歳
岐阜県中津川市で4番目の長寿者だったとか
上には上がいらっしゃるのだ

祖母は数年前に脳出血になってから
だんだんと近い記憶が残らなくなっていった

嫁であるうちの母が一番頼りだった
母が見えなくなるとすぐに
お母さんは何処に行った?
と何度も聞くようになった

そんな祖母であるが
私がホメオパシーの講座をするために
中津川市に帰省した時
祖母が「今日は何で来た?」
と聞くので
「ホメオパシーっていう自然療法を教えに来たんだよ」
というと
「何、それは広めなあかんのか、頑張りなさい」
と、しっかりした口調で言うのでドキッとした。
広めなあかんという事が何も説明しないのに分かったのだ。
100歳にもなるとすごいね、
と、母と驚いたのだが
その後すぐに
「今日は何かあるの?」

あの一瞬の鋭さと
覚えられなさのギャップが凄かった

おばあちゃん、ホメオパシー広めなあかんで、頑張るわ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。