メンタルケア

自分の中の優先順位

皆さん、自分の中の優先順位
こんな事になってませんか?

⒈他人
⒉知り合い
⒊友人
⒋家族
⒌自分

ホメオパシーのマヤズムでは
カシノシン
愛して欲しいから
自分の事は後回しにして頑張る人

人は愛してもらうために生まれる訳じゃないです。
愛する為に生まれるのです。

人との約束は守るのに
自分との約束は破りっぱなしではないですか?
あなたの中の小さな自分が泣いて居ませんか?

優先順位はこれにしてみてほしい

⒈自分
⒉家族
⒊友人
⒋知り合い
⒌他人

私は大事な人には
一番に自分自身の事を大事にして欲しいです。

人の痛みを自分の事のように感じる人は

自分の気持ちを伝えることはなかなか難しい

必ず相手の心にさざ波が立つのがわかってしまうから

ついつい自分が我慢して

その場の雰囲気を守ろうとしてしまう

しかし本当に守るべきは

自分自身の心なんです

自分の心を犠牲にすれば

自分の心が自分に見向きもされないで痛んでしまう

心を込めて話した言葉を

どう受け取るかは相手の自由です

どう頑張って伝えても

責められたととらえる人はいます

また、必ず
気持ちを聞けて安心したと言う人や
アドバイスをもらえたととらえる人もいる

人がどう言葉を受け取るか

コントロールは出来ないのです

そこに良いも悪いも無い

その人が受け取るように任せるしかない

同じように

自分がどうありたいか

どうしたいのか

どういう風に扱われたいのか

自分にしか分からない事だから

感じて伝える

相手を信じてね

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。