ブログ 症例

突き指のレメディー

更新日:

手の小指を突き指した友人
パコって音がしたらしい
痛そうです

手を下に下げるとズキズキする

大分痛いね

こういうときのレメディーは
Arn(アーニカ)
Calen(カレンデュラ)
Ruta(ルータ)
Rhus-t(ラストックス)
Hyper(ハイペリカム)

30Cでいいのですが、症状が激しい場合は200Cの方が痛みによいです。
CalenとHyperはマザーチンクチャー(薬草酒)があるとなお良いです。

けがには早ければ早いほど良いです
これらのレメディーを頻繁に1粒ずつ舌下でゆっくり溶かしましょう。
頻繁とは1つ溶けたら次、位で大丈夫
全部とりおわったらその後は
痛みの度合いによって1時間おきだったり朝昼晩だったりの頻度で繰り返します

レメディーを入れた水のスプレーを作って患部に吹きかけるのも効果的です
小さなスプレーボトルに水を半分くらい入れて、
マザーチンクチャーがあれば10滴くらいずつ入れて
(なければ入れなくていいです)
上記のレメディーを全部入れて、患部にスプレーします
何回もスプレーすると良いですよ
これはスポーツをされるお子さんのお母さんたちが内緒で使っていたりします。
スポーツをする子供は血流が良いので
なかなかの治癒力を見せてくれます

話を戻すと
2日後には
伸ばしきったり、曲げきったりはまだ痛いけど
ズキズキする痛みは無くなって
「湿布を貼らないで突き指治したの、初めてでした(笑)」
とのことでした。
ちなみに湿布(消炎鎮痛薬)を貼ると
血流が遮断されて一時的に痛みが和らぐのですが
薬の効果が切れて血流が戻るとまた痛みが出ます
痛みが激しいときには
例えば痛くて眠れないなら一時的に使うのも良いと思いますが
長期的に使う物ではありません

怪我をしたところに血が流れて自己治癒力で治っていくのです
レメディーは自己治癒力を触発して治癒に導きます
痛みの緩和では無く、怪我の治癒に向けて使います。

カラダケア☆ココロケア
ホメオパシーセンター愛知三河安城では
ホメオパシー健康相談会を行っています
怪我や発熱のなどの急性症状の相談も受け付けています
病気の原因は必ず自分自身の中にあります
臓器の弱さかもしれないし
考え方の間違いかもしれないし
食べ方の間違いかもしれない
世界を見る角度の問題かもしれません
ホメオパスはその迷路から抜け出す道案内としてあなたをサポートします。
改善への答えもまた貴方の中にあります。
ホメオパス杉浦美奈子

-ブログ, 症例

Copyright© カラダナビ ココロナビ      ホメオパシーセンター愛知三河安城 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.