お客様の声・体験談

嘔吐下痢のレメディー

更新日:

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス杉浦美奈子です。
最近胃腸風邪?ロタ?な症状で相談が続いたので
嘔吐下痢に対してレメディーを使うタイミングのとして
昨年の息子の嘔吐下痢の症状に使ったレメディーをまとめました。
夜9時頃「腹が痛い」と言いだした
夕飯を食べ過ぎたかなと思い
Nux-v(ナックスボミカ)を一粒を舌の下でゆっくり溶かす。
10分ほどしても腹痛が和らがないのでArs(アーセニカム)を一粒
10分ほどしたらトイレで嘔吐
インフルエンザの可能性も考えて、
インフルエンザイナムとオスシロコチニュームを一粒ずつ
またしばらくして嘔吐
ここで熱を計ってみると37.2度
熱はそれほどではない
もう一度インフルエンザイナムとオスシロコチニュームを一粒ずつ
一時間後に嘔吐、
腹痛で眠れないというので、Ip(イペカック)を一粒
いったんベッドに入るがまた一時間後に嘔吐
寒気やだるさ、関節の痛みは無いのでインフルエンザではなさそう
嘔吐がなかなかおさまらないので、もう一度Ip(イペカック)を一粒
胃の上の方が痛いと言うので、湯たんぽを痛い部位にあてがうと痛みが和らぐ
疝痛で眠れないので、
Mag-p(マグフォス)とCham(カモミラ)を一粒ずつ
しばらくしてまた嘔吐
嘔吐下痢症のレメディーVerat(バレチュームアルバム)を一粒
これでやっと眠りにつく
次の日の朝、熱は37.9度
もう吐き気はなく、腹痛も下痢も無い
湯たんぽが腹痛にとても気持ちが良かったそうです
いまいち熱が上がりきらないのでBry(ブライオニア)一粒
昨夜何度か吐いたので、ミネラル補給にバイタルソルト1粒
風邪の治癒を早めるハーブエキネシアのチンクチャーを10〜20滴
これらを500mlのペットボトルにミネラルウオーターに良い塩を少し入れた中に一緒に入れて、ちびちび飲むように渡します
お昼は何か食べたいと言うのでリンゴを少し
夕方に熱が38.0
吐き気無し、下痢・腹痛無し、寒気や関節痛も無し
夜は何か食べたいと言うので、おにぎりを少し(うちの子はお粥が嫌いなのでおにぎりです。普通はお粥がいいと思います)
息子は具合が悪い時はピタッと食べなくなります
回復してくると少しづつ食べ始めるので、回復具合がわかりやすいです。
次の日の朝熱は38.0度
まだ熱があるので昨日と同じレメディーとチンクチャーを水に入れてちびちび飲む
夜には普段の半分程の食欲
次の日はもう熱は無く、念のためさらに1日学校を休みました。
もうレメディーは必要ありません
レメディーで早く吐ききり、眠れない程の腹痛も吐ききることでおさまりました。
このように、急性の症状で辛いときはレメディーを頻繁に使い症状を出しきらせ、
症状がおさまれば、多少症状があっても元気であれば、レメディーはもう必要ありません。

ちなみに、今年の急性相談で良く使ったレメディーはChin(チャイナ)です
1日に5~6回の下痢が何日か続いている
下痢なのだが食べたがる
こんな特徴があります。
1日食べるのを我慢してもらって
朝にSulphを1粒
1日3回Chinで回復されました。

ホメオパシー健康相談会をしています
家族や自分の健康を守りたい
人生の重荷を軽くしたい
内側からキレイになりたい
ホメオパシーはそんなあなたのお手伝いをします

-お客様の声・体験談

Copyright© ホメオパシーセンター愛知三河安城「青い鳥の健康相談所」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.