症例・体験談

レメディーキットを買ったばかりでインフルエンザを乗り越えた話

私がホメオパシーに出会った年の12月に
一家四人で新型インフルエンザにかかった時の話です
まだホメオパシーを知ったばかりで
レメディーの家庭用キットを買ったばかりの頃でした
まず長男から発病
この人はいつも土曜日の夕方とかに熱が出ます
しかたがないのでホメオパシーにチャレンジ
寒いだるい頭痛いと言うので
「ホメオパシーin Japaneと」いう本を見ながらレメディーを選んでは口に入れ、様子を見ました
アコナイトやジェルセミューム、ブライオニア、ポースティーラなど
そのつど症状から選んで舌の下に入れてゆっくり溶かすように言いました
2、3粒とると眠ってしまい、数時間すると起きて水を欲しがるのでアコナイト、ブライオニア、ポースティーラ、チャイナ、ジェルセミュームなんかをペットボトルの水に入れ
そのつど振って飲ませました
熱は40℃近くまで上がりましたが
レメディーをとるとカクッと寝てくれるので楽でした
苦しがるのを見守るのはつらいです
いつもなら苦しがって眠れなくて
一晩看病なんてよくあったのに
短時間で眠ってしまうのには驚きました
夜中2時頃ガバッと起きて何かを怖がるので
幻覚か?とストロモニュームを口に入れました
するとまた静かになるのですが
すぐにまた怖がるのでまたストロモニュームを口に
3回繰り返したら眠りました
次の日はもう熱が37℃代まで下がり飲み物やプリンは食べられ
症状はだるいくらいだったので
休日診療に行くほどでもないだろうと判断して様子を見る事に
かかりつけのホメオパスの方にメールでアドレスをいただき
ペットボトルの水にカレンデュラ、カーボベジ、ファーランフォスを入れて
そのつど振って飲ませました
その晩は喉が渇いて起きる以外はよく眠れ、
次の日も熱は37℃から38℃を行ったり来たり
学校に電話したら病院で登校許可書をもらって来て下さいとのことだったので
一応病院に
やはりインフルエンザの診断で自動的にタミフルが出され
帰りましたがその頃にはほぼ熱は微熱程度
薬は飲みませんでした
次の日はすっかり元気で病院で書類もらってから登校しました

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

予約カレンダー

2020年12月
   
1
2
3
×
4
×
5
×
6
7
×
8
×
9
10
×
11
×
12
×
13
14
×
15
×
16
17
18
×
19
20
21
22
×
23
24
25
26
27
28
×
29
30
31
   
2020年11月