メンタルケア

インナーチャイルドへのホメオパシーでのアプローチ

日本ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です
ブログをお引越ししています
今回は2016年4月の記事の再掲です
具体的にインナーチャイルドに
ホメオパシーでどうアプローチするのか
私自身のケースです
年明けから喉の調子が悪く
鼻の奥と喉の奥にねばねばした痰があるのだけど
どうにもへばりついて出てこない
うっかりすると喉の奥に入って行ってしまう
抜け毛が気になる
大事なものを無くした直後だったので悲しみ
このような症状でTBR(ザボーニングハウゼンレパートリー)のソフトで検索すると
Staph(スタッフサグリア)
Caust(コースティカム)
がトップに出てきた
Staphは自分は被害者だ、自分はいつもこんな目に合う
というような精神に会うレメディー
Caustは人生での苦難やトラウマのために、細胞レベルで歪んでしまった人のレメディー
簡単に言うと二つとも怒りや恐怖が細胞にしみついている感じですね
年明け早々ヘビーな感情に向き合いなさいという
体からのお知らせですね
この場合臓器サポートは腎臓
ここに不妊治療の時のホルモン剤のレメディーをコンビネーション
鉱物のメインはCaust
マヤズムは癌傾向
植物のメインがStaph
これをとったところ
以外にも感情ははげしく沸き起こることもなく
さしてダルくなることもなく(私の好転反応はいつもダルくて疲れやすくなります又は下痢かな)
鼻かぜのような症状が出た後
ネバネバの鼻水が出始めました
長いこと鼻水が出せていなかったので
鼻がかめたときのすっきりすること!
細胞レベルで
くやしかったこと
かなしかったこと
ひどい目にあったという感情がこびりついていたのでしょうか
体は手放したいと、
ネバネバの鼻水にして
喉のところまで持ってきてくれたんですね
レメディーは細胞に届く情報です
その感情はもう不要だよ
手放していいよと細胞に教えてくれるので
へばりついていたネバネバとなった感情が出せたのでしょうね
溜まっていたのが感情でも
このように症状として出してくれることもあります
とうわけで
StaphとCaustは
被害者感情を手放すには
最強コンビですね

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。