ブログ ホメオパシー療法とは

こどもの急な発熱で大事なこと

更新日:

お子さんの急な熱や
夜中の咳は不安になりますよね
そんなとき
お母さんにはこれだけは覚えておいてほしいこと
いくつかありますが一番は
お子さんに「大丈夫だよ、」と言ってあげること。
大丈夫だからね、と抱っこして辛いところをさすってあげること。
これだけで子供は安心して
自己治癒力が素晴らしく高まります。
お母さんが不安になってしまって
お子さんに
「大丈夫?」と何度も聞いたりしないでください
大丈夫なのか聞きたいのは子供の方なのです。
聞くなら、どこがどんなふうに辛いのか聞いてください
病院に行くにしろ、
レメディーを選ぶにしろ、
ホメオパスに連絡するにしろ、
症状は把握しておくといいです。
ホメオパシーのレメディーがおうちにあれば
症状を緩和してあげることが出来るでしょう。
大丈夫だよ、と言えるための強い味方
ホメオパシーのレメディーを家庭で使うときに
参考にするとよい本をご紹介します
私が初めてレメディーのキットを購入したときに
一緒に買った本は
ホメオパシー in Japanです
(由井寅子 著 ホメオパシー出版株式会社)
この本の便利なところは
レパートリーのページです
レパートリーとは
症状から、どのレメディーが必要なのかを引ける辞書機能ですね
例えば
熱があって、夜になって空咳が続けて出るので寝付けないというような場合
レパートリーの
呼吸器系の問題→咳 喘息 気管支炎またはクループ
という項目を見ます
すると
Aconというレメディーは
冷たい風にさらされた後に出る咳・炎症の初期症状 夜に悪化 恐怖感が強いとき 急激に起こるとき。
Arsというレメディーは
不安や恐怖とともに胸の重苦しさや息苦しさを感じる 夜中以降悪化 においで悪化 肺の焼けるような痛み
など、このほかにも候補となるレメディーと特徴的な症状が表になっています。
私はレメディーを買ってすぐ一家全員でインフルエンザにかかってしまいましたので
自分もフラフラなので病院にも行けず
頼る物がこの本しか無く
夫や子供の症状をよく聞いて
レメディーをこの本のレパートリーから選び
どんどんとらせました
出している症状に一番近いレメディーを選ぶことが出来ると
子供はすぐに眠ってしまいますし
大人も眠くなります(眠れるととても気持ちがよく、起きたときすっきりしています。)
眠ってくれますので看病がとても楽でしたし、いつもより早く回復したと思います。
インフルエンザという、症状の重い感染症だったので
レメディーがヒットしたことがわかりやすかったです。
私はホメオパシーのレメディーは
急性症状の場合
症状が激しいほど早く作用すると感じています。
一人目のお子さんだとどうしても
お子さんは結構元気でも
お母さんが、お子さんの症状を不安でつらくて見ていられない
ということが多いです
怖いとき、最初は病院に行ったらいいのです
病院に行って
たいしたことが無いとわかれば落ち着いて
ホメオパシーin Japaneのレパートリーのページを開けるようになるでしょう
2回目3回目となれば最初の経験がありますから
症状が出たときにレパートリーのページからレメディーを選ぶことも出来るでしょう
なかなかレメディーがヒットしないという方は
急性相談を受け付けているホメオパスに相談するといいですよ。
実践でレメディーを使ってみれば
こつがつかめます。
ホメオパシーを使えば
お母さんがお子さんの主治医になれます
ホメオパシーセンター愛知三河安城では
ホメオパシー健康相談会を行っています
急性症状の相談も受け付けています
病気の原因は必ず自分自身の中にあります
臓器の弱さかもしれないし
考え方の間違いかもしれないし
食べ方の間違いかもしれない
世界を見る角度の問題かもしれません
ホメオパスはその迷路から抜け出す道案内としてあなたをサポートします。
改善への答えもまた貴方の中にあります。

-ブログ, ホメオパシー療法とは

Copyright© カラダナビ ココロナビ      ホメオパシーセンター愛知三河安城 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.